秋田県の得する情報





婚姻届けを出す前に一緒に暮らす場合に自身と相手の住民票はどうなるのでしょうか。結論から言って所帯を纏めることもOKですし、居住地は共通だが所帯は別々というような形態でも支障ありません。秋田県でも世帯を分ける時は、個人個人が自分を世帯主という形態にて引っ越し申請をすればOKです。居住地がいっしょでその中に世帯が個々にあるというような形態です。住民票は個別ですし勤務先に一緒に生活していることを知られるというように事も心配ないです。

配置転換により離れた場所に行く際は家庭を持っている人でも単身赴任する方は秋田県でもたくさんいます。単身赴任するとなると住民票を移動させるか否か迷います。自宅を離れる間が一年に満たないときや1年以上であっても、生活の基盤が元の住まいにあって、周期的に戻っているケースでは住民票を移動することは不要になります。住民票を変更するとなると世帯がそれぞれに分かれてしまうため、世帯別に負担する住民税の内の均等割の部分を余計に請求されることになります。