広島県の得する情報





住民票に載る情報は住民登録をしている自治体から移転したり、死亡することによって抹消されますが広島県でも住民登録が削除されてからも除票の形態で5年の間は取得できます。除票には以前の住民票のデータの他に、移動したときには引っ越しした日付けや引越し先の住所、亡くなった時には亡くなった日が掲載されます。除票についても住民票みたいに手に入れることができます。相続のときなどに死亡したことや住所の履歴を認証する物につかわれることがあります。

婚姻して離婚すると広島県でも戸籍謄本に離婚した事実が載ることになります。戸籍より離婚した遍歴を抹消したい時は、転籍手続きして本籍を現所在地の市区町村から他の自治体に変えることにより離婚した遍歴の表記を削除できます。女性の場合は離婚した後親の戸籍に戻されますので、分籍というような形式で他の自治体に本籍を移転する届を提出します。ただ、原戸籍と除籍謄本には離婚した遍歴が記録されていますし、子がある場合は子供の戸籍に親の名前は表示されるので、全部取り除くという事はできません。