石川県の得する情報





戸籍謄本と戸籍抄本は別のもので、戸籍謄本は戸籍に入るすべての人についての情報が記載されている証明書で全部事項証明書とも呼ばれます。戸籍抄本というのは該当者の事柄だけを記述したものであり個人事項証明書とも呼ばれています。パスポートを取る書類などの場合は、石川県でもいずれを使っても問題ありませんが、自分の親族が亡くなり死亡届けをだす時とか相続関連の文書には戸籍謄本を要求されます。名称がよく似ていますが異なっていますので証明を必要とする先にいずれが必要かについて調査しておくのが重要です。

石川県でも戸籍謄本や住民票の発行を別の第三者にやってもらう場合には、委任状が求められます。委任状を用意するには、まず自身の名前、住所地と出生日を記入して、判を捺印します。自身の名前、居住地は必ず手書きで自署します。そして住民票の申請など、お願いする内容と委任する方の名前、居住地、生年月日を書きます。住民票の写しの申請であるならば使途も書きます。委任状の有効期限は3カ月以内と期限が規定されているので、忘れることなく書類を制作した日付を記入する事が大切です。