岩手県の得する情報





原則住民票の写しについては今の住居の自治体の役所でのみ請求するものですが、他の市区町村でも広域交付住民票は受け取れます。住民票と違うところは、本籍や該当市区町村内の転居の軌跡が書かれていない事です。住民票の写しの代用として使いたいときにはこの点を提出する学校や企業側にチェックしておくことが大事になります。他の住所と出生日などといった事柄は載るので、住所や生年月日の認証には使用可能です。しかし、岩手県でも広域交付住民票は、除票については発行することができないです。

婚姻していた方が離婚をすると岩手県でも戸籍には離婚した履歴が掲載されることになります。戸籍から離婚歴を削除してしまいたいときには、転籍届を提出して本籍地を現住所の市区町村から別の自治体に移転する事により離婚した遍歴のデータを消し去ることができます。女性については離婚の後には親の戸籍に返されますので分籍というような扱いで違う市町村に本籍を移す届けを提出します。ただ、改製原戸籍や除籍謄本には離婚した事実が記録されていますし、子がいる場合には子供の戸籍に親の名前は表示されるので、完璧に削除してしまうといったことは出来ないです。