香川県の得する情報

住民票の情報は住民登録をしている市町村から引越ししたり、死亡する事により削除されますが、香川県でも住民登録が消されても住民票の除票というかたちで5年は取っておかれます。除票は前の情報のみでなく、移動した時には引っ越した日付けや引越し先の住所、死亡した時には死亡した日が記載されます。除票についても住民票みたいに交付をしてもらうことができます。相続の場合等に死亡したこととか所在地の履歴を調査する文書に求められることがよくあります。

香川県にて結婚していないで一つの住所で一緒に暮らすときにはそれぞれが世帯主であるという形式にて住民票の申請を行えば大丈夫です。住所がひとつでも世帯が2つあるので住民票もそれぞれになります。反対に世帯を一緒にすることもOKになります。そのような時は引っ越しする際にひとつの世帯に入るように届出をしていきます。例として男性の方を世帯主にしていくときは、女性の続柄を未婚の妻か同居人から決めて申請をやっていきます。時が経って婚姻届けを提出して結婚する場合は、続柄のところに二重線が引かれて妻となります。