高知県の得する情報

家が遠くて学校に通うことができない時には学生であろうとも家を離れて生活することも珍しくないです。その場合、通常なら住民票を移動することになりますが、高知県でも要件に合致しているならば住民票を移すことは不要になります。実家を出る間が一年未満の場合は住民票を移さなくてもOKですし、1年以上であっても生活ベースが元の場所で、季節ごとに帰省しているときは住民票を変更することは必須ではなくなります。学生はもちろんですが単身赴任をしている会社員なども、これらの必要条件に合えば住民票を移転することは強制ではありません。

近年はマンション等を借り受けてシェアをしている方が高知県でも少なくありません。ルームシェアでは住民票はどうするか。いっしょの住所であろうとも、生活している個人個人が世帯主であるというかたちにて手続きしていれば別個の世帯となって、住民票についても個別に作成されます。すなわち、同一の居住地にいくつもの世帯が暮らす形式と言えます。二世帯住宅なども同一の形態になります。それとは反対に、ルームシェアの方と世帯をひとつにしていくといったこともでき、そのような場合は一人が世帯主となり、別の方については「同居人」と書いて届け出をします。