三重県の得する情報





所在地等を公式に証明する書類の住民票に対し、一人身を正式に証明するものが独身証明書になります。独身証明書は、結婚相談などというような結婚会社へ参加する時に独身であることの認証のために出すように求められることが少なくありません。戸籍謄本と戸籍抄本の様に本籍地の市町村の窓口にて取得しますが本籍のある所が遠方のケースでは郵便で交付を受けることもOKになっています。結婚相手紹介業者のために発行してもらう人が大半なため三重県でも窓口で独身証明書を申請することに気が乗らないという人も多数いますが結婚会社によって戸籍謄本や戸籍抄本で問題ないところも多くなっています。

住民票というのは現在の所在地の自治体の役所の窓口にて請求するのですが戸籍謄本とか戸籍抄本は戸籍が管理されている本籍の自治体の役所の窓口にて発行しなければなりません。三重県でも本籍は生誕の地のままというような人が少なくないですが、引越し等の時に親が変更していることもありますので調べておいてください。現所在地と本籍地が異なっていることも多くなっていますし、本籍のある市区町村が遠くであるケースでは戸籍謄本とか戸籍抄本の請求もたいへんです。本籍は転籍届を出したり、結婚などによって戸籍を新規に作るときに自ら移動できます。