宮城県の得する情報





引越し等によって所在地を移転する際は宮城県でも住民票についての届け出をすることになっています。今の居住地と同じ市区町村の引越しの際では転居した後14日内に転居届をすれば終わりです。他の市町村に引っ越しする場合は転出届を出して転出証明書を受け取って、次の居住地の役所へ前の役所で受け取った転出証明書と一緒に転入届を出すのが手順です。こちらも引越しした後14日以内に行わなくてはなません。転出届については移動先の住所が確定していれば移動する前に提出することができますので、早いうちにやっておくようにすることが大切です。

自宅から距離があって学校に通えないケースでは学生であろうとも親元を離れて暮らす事も珍しくないです。そういった場合、原則として住民票を移転することになるのですが、宮城県でも要件が合っていれば住民票を移動することは不要になります。家からいなくなる間が一年に達しないときには住民票を移転しなくてもOKで、一年を上回っても基盤が自宅にあって、週末や季節ごとに実家に帰郷している時は住民票を移転することは不要になります。学生に限らず単身赴任をする人等も、これらの条件が合っているならば住民票を移動することは強制ではないです。