宮崎県の得する情報

通常は住民票は今の住所の市区町村のみで発行するのですが、ほかの市区町村の役所でも広域交付住民票は交付されます。住民票と違う所は本籍や市町村内での引越しの変移が掲載されていないということです。住民票の代わりに使おうとする場合はこういう点を書類を出す企業や学校に聞いておくことが必要です。別の住所と誕生日等の情報は書かれますので、居住地や生年月日の証明には使用できます。ただし、宮崎県でも広域交付住民票は除票については取得できません。

住民票に載る個人データは住民登録されている市町村から引越したり、亡くなる事によって抹消されますが宮崎県でも住民としての登録が消去されてからも住民票の除票という形態で5年は参照できます。除票はもとの住民票のデータにくわえて、移動した際は移転した日にちと新居の住所、死亡した時は死亡した日付けが記載されます。除票についても住民票同様に発行してもらうことが可能です。相続のケースなどに亡くなったことや住所の軌跡を確認する物に使われることがあります。