長崎県の得する情報

近頃は広い物件等をいっしょに賃貸してシェアをする方が長崎県でも多数います。ルームシェアをする場合住民票はどうするのでしょうか。一緒の居住地であろうとも、そこに住むそれぞれが世帯主というようなかたちで届け出をやっていけば別個の世帯になって、住民票についても一つずつで発行されます。要するに、ひとつの住所に二つ以上の世帯が存在する状態になります。二世帯住宅等も一緒の形です。一方ルームシェアをしている他人と世帯を共通にまとめてしまうということもできて、そのような時は誰かひとりが世帯主となり、その他の方は同居人として届け出します。

住民票というのは現在住んでいる市町村にて申請しますが戸籍謄本と戸籍抄本は戸籍のある本籍の市町村の役所の窓口にて交付しなければなりません。長崎県でも本籍地は出生した市区町村の状態といった方が多くなっていますが、引越しなどを機に親が変更している場合もあるので把握しておくようにしましょう。今の住まいと本籍が違っている事も少なくないですし、本籍のある場所が遠方のケースでは戸籍謄本や戸籍抄本の請求もたいへんです。本籍地というのは転籍届で手続きしたり、結婚などで戸籍を新規に作るときに自身で変更できます。