大分県の得する情報

大分県でも戸籍謄本とか住民票についての申請を自分以外の方にしてもらう時は委任状が欠かせません。委任状の作成は、自身の名前と居住地、出生日を記載し、印鑑を押印します。自身の名前、居住地は確実に手書きにします。その上で住民票の写しの申請など、任せる用件と委任する人の名前、居住地、出生日を記載していきます。住民票の時は用途も書きます。委任状の期限は三ヶ月までと取り決められているのできちんと作成した日にちを記述するようにしてください。

自宅が遠くて学校に通うことが難しい時は学生だったとしても実家から独立して独り暮らしすることも多いです。そうなると、原則として住民票を移転することになりますが、大分県でも規定に合致していれば住民票を変更する必要はないです。実家を出る間が1年に達しない時には住民票を移動しなくても問題ありませんし、一年を超えても生活ベースが実家で、季節ごとに帰宅している時は住民票を移転することは不要になります。学生はもちろんですが単身赴任の方などについても、これらの条件が合っているならば住民票を移転することは強制というわけではありません。