沖縄県の得する情報





沖縄県でもケースにより住民票ではなしに住民票記載事項証明書を提出するように求められることも珍しくありません。住民票記載事項証明書とはふつうの住民票の表記の内本籍や世帯主の事項などを取り除いて作られる書類になります。多くのケースでは、要求先の企業や学校側が独自のフォーマットを作成して本人が必要項目を記載を行ってものを市町村役場に持って行って、事項が合っていることを調査してもらう形式です。必要ない個人情報を受領してセキュリティ管理したくないという学校や企業側が住民票の代替として利用するようになってきています。

通常住民票については今の所在地の自治体のみで請求されるものですが、ちがう市区町村であっても広域交付住民票は発行してもらえます。住民票と違うところは本籍や該当市町村内での引っ越しの変移が掲載されていないということです。住民票の代わりとして使おうとする時はこうした点を証明書を必要とする会社や学校側に聞いておく事が大事になります。ほかの住所と誕生日などの内容については載るので住所と出生日をチェックすることには使うことができます。ただ沖縄県でも広域交付住民票は、除票については発行することができないです。