大阪府の得する情報

大阪府にて婚姻届けを出す前にいっしょの住所で同棲を始める場合は個人個人が世帯主というようなかたちで転居の申請を行えば大丈夫です。居住地が同じでも世帯が別々にあるため住民票も個別になります。それとは逆に世帯を一つにすることも可能です。そのような時は引越しのときに同じ世帯にするように手続きをやります。例として男性の方を世帯主にしていくときには女性の続柄を未婚の妻または同居人から選択して申請していきます。時が経って婚姻届の手続きをして結婚したときは続柄の事項に二重線を引いて妻と書き直されます。

居住地などを公式に認証する書類である住民票に対し、独身であることを公式に証明する物が独身証明書になります。独身証明書は、結婚相談等というような婚活業者に登録する時に独身であることの確認のために出すように言われる事が少なくないです。戸籍謄本とか戸籍抄本と同様に本籍地の市区町村にて交付してもらうのですが、本籍のある市区町村が遠方の場合は郵送による手続きも認められています。結婚相手紹介業者向けに申請する人が大部分なため、大阪府でも窓口にて独身証明書を交付をしてもらうのがイヤだと思うというような人も多数いますが、結婚仲介サービスにより戸籍謄本とか戸籍抄本で問題ない所も出てきています。