滋賀県の得する情報

このごろは戸建てなどをいっしょに借りてシェアをしている方が滋賀県でも多いです。ルームシェアをする場合住民票はどうすればよいのでしょうか。同一の居住地でも、住んでいるそれぞれが世帯主というような形態で申請をすれば別個の世帯と扱われて住民票も個々に作られます。すなわち、同一の住所の中にいくつかの世帯が存在することと考えます。二世帯住宅などについても同じ様な状態になります。その反対に、ルームシェアをする方と世帯を一緒にまとめるということもできて、そうしたいときはどちらかが世帯主になり、ほかの方は同居人の続柄で手続きを行っていきます。

住民票の写しを発行するやり方として一番定番なのが住んでいる市町村役場に足を運んで手続きする方法です。滋賀県でも本人確認できる書類を揃えて所定の用紙とともに提出すると受け取れます。本人確認できるものについては免許証やマイナンバーの個人番号カード等の顔写真付属の書類ならば1枚で良いのですが、保険証や年金手帳などだと2点提示する必要があります。マイナンバーの個人番号カードを持っているならコンビニエンスストアにて住民票をもらえるエリアも多くなっていて、システムも整備されています。