静岡県の得する情報





婚姻していて離婚をすると静岡県でも戸籍謄本に離婚した履歴が残ることになります。戸籍より離婚した事実を削除したいという場合は、転籍申請して本籍を現在生活している市町村から異なる市町村に移転することによって離婚の記載を消すことができます。女性については離婚の後には親の戸籍に戻ることになりますので分籍の形で異なる市区町村に戸籍を変更する手続きを出します。とはいえ、改製原戸籍とか除籍謄本には離婚した事実が残りますし、子供がある時には子供の戸籍に親の名は掲載されるので丸ごと消し去るといったことは出来ません。

家から離れていて学校に通うことが困難な時は学生でも自宅を離れて下宿することも多いです。そうなると、原則として住民票を変更することになるのですが、静岡県でも要件を満たせば住民票を移転することは不要になります。自宅からいなくなる日数が一年を下回るときには住民票を移さなくても大丈夫で、一年を上回っても暮らしのベースが元の住まいにあって、シーズンごとに元の家に戻っているときは住民票を移転することは必要なくなります。学生以外にも単身赴任の会社員等についても、基準を満たすならば住民票を移動することは不可欠というわけではありません。