墨田区の得する情報





人事異動で遠距離にある土地で働くことになった際は家庭を持っている人であっても単身赴任にする方は墨田区でもたくさんいます。単身赴任する時には、住民票を移動させるか迷います。規定では家を離れているのが1年に満たないときやそれを超えても、基盤が元の住所地にあって、週末や季節ごとに帰宅している時には住民票を移動することは不要になります。住民票を変更するとなると世帯が2つに分かれるので、世帯一つ一つに課税される住民税の均等割の部分について余計に課せられることになります。

居住地等を公的に調査する住民票に対し、未婚を公的に認めるものが独身証明書です。独身証明書は、結婚相談などというような結婚サービスに参加するときに独身の認証のために要求される事が多いです。戸籍抄本と戸籍謄本と同様に本籍地の市町村の窓口でもらうのですが本籍のある町が離れているケースでは郵便で交付を受けることもできるようになっています。結婚会社のために請求する人がほとんどなため墨田区でも独身証明書を交付を受けるのがイヤだと思うといった人もたくさんいますが結婚業者によって戸籍謄本で代わりになるところもあるようです。