杉並区の得する情報





杉並区でもケースにより住民票の代わりとして住民票記載事項証明書が必要になることも多々あります。住民票記載事項証明書とはふつうの住民票の項目の中で世帯主や本籍の情報などを除いて証明される書類になります。ほとんどの場合では、書類を求める学校や会社側がフォーマットを用意して該当者が各項目を記入した物を市町村の役所に提出して、内容について正確性を調べてもらうというようなフローです。何でもかんでも個人情報を受領して保全したくないといった学校や企業側が住民票に代わって選択しています。

住民票の写しを発行する手段として容易なのが暮らしている市町村役場の窓口にて申請する方法になります。杉並区でも本人確認ができる書類をそろえて所定の用紙を出せばもらえます。本人確認ができる書類は運転免許証やマイナンバーカードなどというような写真付きのものなら一つで大丈夫ですが、保険証や年金手帳などのケースでは二つ持参しなければなりません。マイナンバーカードを取得済みであればコンビニエンスストアでも住民票を受領できる市町村もあってシステムも整備されています。