鶴岡市の得する情報





近頃は広い物件等を一緒に借り受けてシェアをしている人が鶴岡市でも大勢います。ルームシェアの場合には住民票はどうするか。いっしょの居住地だとしても、そこに暮らす個人個人が世帯主という形式で手続きをしていれば個別の世帯とされるため住民票についてもそれぞれに作られます。つまり一緒の住所の中にいくつもの世帯が存在する状態と言えます。2世帯住宅等についてもいっしょの形になります。さらにルームシェアしている相手と世帯をひとつにしてしまうこともできて、そのようなケースでは誰かが世帯主になって、別の人は「同居人」と記述して届出をやっていきます。

配偶者による家庭内暴力に悩んでいたり、ストーカーに困っていて引っ越し先を知られたくない場合には、鶴岡市でも被害を受けた方を守るために住民票の写し等の交付を制限してもらえます。手始めに警察に相談して、閲覧規制するための書類を出してもらって、その書類を役所の窓口を持って行けば加害者側の申請を規制してもらうことが可能です。さらに申請する時の本人確認が厳密になって、ほかの代理人とか郵便での手続きも不可能になります。