東村山市の得する情報





東村山市でも場合によっては住民票ではなしに住民票記載事項証明書を要求されることも多くなっています。住民票記載事項証明書は従来の住民票の記載内容の中で本籍の項目などを除いて証明するものです。良くある事例では、証明を必要とする企業や学校側が独自のフォーマットを用意して本人が必要項目を記入を行った物を市区町村の役所に届けて、それらの記述が合っていることを調べてもらう形式です。必要のない個人情報を受け取ってリスクを扱いたくないというような学校や企業側が住民票に代わって取り入れています。

転勤で遠距離の町で働くことになった際は所帯を持っている人でも単身赴任を選択する方は東村山市でも多いです。単身赴任だと、住民票を変更するかどうか迷いますよね。規則では自宅を離れるのが1年を下回るケースや1年を超えても、生活基盤が元の住まいにあって、一定期間ごとに帰省しているときには住民票を移動させる必要はなくなります。住民票を移動させるとなると世帯が2つになるため、世帯に課税対象となる住民税の中の均等割の金額を多く支払うことになります。