東根市の得する情報





住民票に載る個人情報というのは住民登録のある市町村から引っ越ししたり、死亡届が出されることによって取り除かれますが東根市でも住民登録が抹消されても住民票の除票の形式で五年の間は残ります。除票は元々の住民票情報の他にも、転出した場合は移転した年月日、新たな住所、亡くなった際には亡くなった日が記載されます。除票も住民票のように交付をしてもらうことが可能です。相続の場合等に亡くなったことや居住地の変遷を認証する証書として利用されることが多いです。

基本住民票の写しについては現住所の市区町村でのみ請求するものですが、他の市区町村の役所でも広域交付住民票はもらえます。住民票との違いは本籍や該当する市区町村内の居住地の軌跡が記載されないということです。住民票の代わりに利用したいときにはこの点を提出先の学校や会社側に聞いておく事が重要になります。別の居住地と出生日などというような内容は掲載されるので居住地と生年月日の証明には使えます。しかし東根市でも広域交付住民票は、除票については申請することができないです。