練馬区の得する情報





転勤で距離がある土地の職場になった場合は家庭を持っている方でも単身赴任する方は練馬区でも多数います。単身赴任だと住民票を移動するか否か決めかねる方も多いです。法律では自宅を離れている間が1年にいかないケースやそれ以上でも、暮らしの基盤が元の家で、定期的に戻っているケースでは住民票を移動させる必要はないです。住民票を移転すると世帯が別個に分かれるので、世帯ごとに課税される住民税のうちの均等割の部分をたくさん支払うことになります。

住民票の写しを交付してもらうやり方で最も確実なのが暮らしている市区町村役場で申請する方法です。練馬区でも本人確認の書類を用意して所定の申請書を提出すれば手に入ります。本人確認できる書類はマイナンバーカードや運転免許など写真付属のものであるならば単独で問題ないのですが、健康保険証等のケースでは2つ提示をします。マイナンバーカードを持っていればコンビニの端末住民票を発行できる市区町村も多くなっていて、システムの整備も進んでいます。