寒河江市の得する情報





パートナーからの暴行に苦悩していたり、ストーカー被害にあっていて引っ越し先を秘密にしておきたい時は、寒河江市でも被害に遭った人をサポートするために戸籍などの請求を制限してもらうことが可能です。まずは警察署に相談して、制限のための書類を出してもらって、その書類を役所を持って行けば加害者の取得を規制してもらうことが可能です。さらに請求のときの本人確認が厳しくなって、ほかの代理人や郵送申請も不可能になります。

住民票については今住んでいる市町村役場に出向いて請求できますが、戸籍抄本とか戸籍謄本という物は、本籍地の市町村の窓口しか請求できません。寒河江市でも本来は自分で本籍のある市区町村役場の窓口にて請求するわけですが、居住している地域と本籍のある市区町村が離れていて窓口に出向いて発行してもらうことができない人のため委任状を持つ本人以外の申請手続きや郵便による申込みについても許されています。いずれのやり方でもパスポート、運転免許証などというような本人確認できる書類が不可欠になってきます。加えて、本来は窓口に用意されている戸籍申請書を記載して手続きするのですが、郵便でする際は申請書をダウンロードして申請します。