山形市の得する情報





住所等を公的に調べる文書である住民票に対し、一人者であることを公的に認めるのが独身証明書になります。独身証明書というものは結婚相談等の仲介業者に入会するときに結婚していないことの認証のために必要になる事が少なくないです。戸籍抄本や戸籍謄本同様に本籍地の市区町村の窓口で発行してもらいますが本籍地が離れている場合には郵便による申請も可能です。結婚会社向けに請求する人が大部分なので山形市でも窓口にて独身証明書の手続きをすることに抵抗を持つというような方も多いですが、結婚仲介業者により戸籍謄本とか戸籍抄本で支障ない所も存在します。

家から距離があって学校に通うことが困難なとき、学生であっても親元を離れて住むことになります。そうすると、原則では住民票を移すことになりますが、山形市でも規定が合えば住民票を移動する必要はありません。実家を出る日数が一年を下回る場合は住民票を移動しなくてもOKですし、一年以上でも基盤が自宅にあって、シーズンごとに帰省している時には住民票を移動することは必須ではなくなります。学生のほかに単身赴任をする会社員等も、これらの要件が合えば住民票を移動することは絶対ではないです。