池袋の得する情報





住民票は現在生活している自治体の役所の窓口にて発行できますが、戸籍謄本とか戸籍抄本については戸籍がある本籍地の市町村の窓口で請求しなければなりません。池袋でも本籍は誕生した市区町村といった人が多いのですが、引越し等を契機に親が移しているケースもありますので確かめておきましょう。現在の居住地と本籍が違っていることも多いですし、本籍のある町が離れている場合は戸籍謄本や戸籍抄本の請求も大変です。本籍地というのは転籍届を出したり、結婚等により戸籍を作り直す時に自ら変更できます。

このごろは賃貸マンション等を共同で賃貸してルームシェアをしている人が池袋でも大勢います。ルームシェアの場合住民票はどうするのか。同一の居住地ではありますが、そこに住む個人個人が世帯主であるというような形にて手続きを行っていけば一つずつの世帯となって住民票も一つずつに作成されます。詰まりは共通の居住地の中にいくつもの世帯が住んでいる形式と言えます。二世帯住宅等も同一の形と考えます。その反対に、ルームシェアをする他人と世帯を共通にまとめるといった事も可能で、そのような場合は一人が世帯主となり、その他の方については「同居人」という続柄で申請をします。