中野区の得する情報





中野区でも場合により住民票の代用として住民票記載事項証明書を指定されることも多いです。住民票記載事項証明書は住民票の記載事項から、世帯主や本籍についての項目等を除いて証明するものです。よくある場合では、要求先の学校や会社側が独自書類を整えて該当者が必要事項を記入を行った物を市町村に届け入れて、記述を調べてもらう形態になります。不必要に個人データを受領してリスクを扱いたくないといった学校や会社が住民票の代替として選ぶようになってきています。

住民票は住所のある市区町村役場の窓口で申請できますが、戸籍抄本とか戸籍謄本は、本籍地の市町村でしか手に入れられません。中野区でも基本として当人が本籍のある市区町村の役所の窓口で交付してもらうわけですが、住んでいる町と本籍のある所が遠距離で直接窓口で申請することが困難な方のために、委任を受けた第三者による請求や郵便での申請についてもOKになっています。何れの場合でもパスポートとか運転免許証等という本人確認の書類が必要です。更には、本来であれば窓口に備え付けの申請書へ記載して申請手続きしますが、郵送の時は申請書をネットからダウンロードして申請します。