四万十市の得する情報





四万十市にて結婚していないで一緒の家で共同生活をするときは、各自が世帯主という形式で住民票の手続きをすればOKです。住所がひとつでも世帯が別々にあるため、住民票についても個別になります。一方世帯をいっしょにする事も選択できます。そのような時は引越しの際にひとつの世帯にするように届出を行います。例として男性を世帯主とする時は女性の方は続柄を同居人または未婚の妻から指定して手続きしていきます。そのまま婚姻届を提出して結婚した時は続柄のところに線が引かれて妻と書き改められます。

基本住民票は今の所在地の自治体でのみ請求するのですが、他の自治体であっても広域交付住民票は発行してくれます。住民票との違いは、本籍と市区町村の中での所在地の変遷が掲載されないことになります。住民票の写しの代わりに用いたい時にはこれらの点を証明書を提出する会社や学校に確認しておく事がポイントです。その他の居住地や生年月日等の事柄については載りますので、住所や出生日を認証することには使うことができます。しかし四万十市でも広域交付住民票は除票については交付することができないです。