甲斐市の得する情報





甲斐市にて結婚しないで一つの家で共同生活する場合には各々が世帯主であるという形で転居の申請をします。住所がいっしょでも世帯が2つあるので、住民票も個別です。反対に世帯を一つにしていく事もできます。そうしたい場合は転居するときにひとつの世帯にまとめるように届け出します。例として男性の方を世帯主とする場合は女性の方は続柄を「同居人」と「未婚の妻」のどちらかから指定して申請をやります。何年かして婚姻届けの手続きをして結婚に辿り着いたときは、続柄の項目に二重線が引かれて妻となります。

身内からのドメスティックバイオレンスに苦慮していたり、ストーカーに苦悩していて住まいを内緒にしておきたい時には、甲斐市でも被害を受けた方を保護するために戸籍謄本等の請求を制限してもらうことができます。手始めに警察署に足を運んで、制限のための文書をもらって、それを役所に出すことで対象の人の請求を規制してもらうことが可能です。そして交付申請の時の本人確認が厳しくなって他の代理人や郵便で申請することも禁止になります。