羽村市の得する情報





戸籍謄本と戸籍抄本の内、戸籍謄本というのは戸籍に入っているすべての人の事項が書かれている証明書であり全部事項証明とも呼ばれます。戸籍抄本は該当者の事項を抜粋して閲覧できる書類であって個人事項証明とも呼ばれます。パスポートの届などの際は、羽村市でもどちらを出しても大丈夫ですが、親族が他界して死亡届けを提出する時や相続に関した申請には戸籍謄本が必要になります。呼称はよく似ていますが異なりますので証明書を提出する先へいずれが必要なのかを調べておくのがポイントになります。

羽村市でも住民票とか戸籍謄本の申込みを本人以外の代理人に頼む時は委任状が求められます。委任状の作り方としては、自身の名前と住所地、生年月日を記載して、ハンコを押印します。当人の名前と住所については確実に自分で署名します。次に住民票の写しの申請等、託する事柄とお任せする第三者の名前と住所地、生年月日を明記します。住民票なら利用する目的も明記します。委任状の期限は3か月以内と取り決められているためもれなく書類を作った日を記入する事が重要です。