桐生市の得する情報





転勤で距離がある土地に勤務することになった際には家庭を持つ人だとしても単身赴任を決断する人は桐生市でも珍しくありません。単身赴任の場合は住民票を移動するか迷いどころです。法的には自宅を離れるのが一年未満のケースや一年以上になっても、拠点が元の住まいであって、シーズンごとに戻っているときには住民票を移動させることは必須ではなくなります。住民票を移すと世帯が二つになってしまうので、世帯各々に負担する住民税の内の均等割額について多目に負担しなければなりません。

原則住民票の写しについては今の住居の市町村だけで取得するのですが、ほかの市町村であっても広域交付住民票は受け取れます。住民票との違いは本籍や該当する市区町村内の引っ越しの変遷が書かれていないという事です。住民票の写しの代用として使用しようとするときはこの点を提出する学校や企業側に確認する事が重要です。別の居住地や誕生日などといった内容は記載されますので、居住地や出生日の証明には使うことができます。しかしながら、桐生市でも広域交付住民票は除票については発行することができないです。