上山市の得する情報





上山市にて、婚姻前に共通の住所で一緒に生活する際には各々が世帯主というかたちで引っ越しの申請を行えば大丈夫です。居住地が一緒であっても世帯が別個にあるので住民票も別個になります。それとは逆に世帯をいっしょにしていくことも可能になります。その場合は転居するときに一つの世帯に入るように届出を行います。例えば男性の方を世帯主にしていく際には、女性の方は続柄を同居人と未婚の妻のいずれかから指定して申請します。そのまま婚姻届を提出して結婚する場合は続柄の事柄に二重線が引かれて妻と変えられます。

所在地などを公式に認証する書類の住民票に対し、一人者であることを正式に認証するのが独身証明書です。独身証明書は結婚相談等というような仲介業者へエントリーするときに一人身であることの証明の目的で提出するように求められる事が少なくありません。戸籍謄本と戸籍抄本と同様に本籍地の市町村の窓口で交付してもらいますが本籍のある場所まで距離が遠いケースでは郵便で手続きすることも可能です。婚活業者のために発行してもらう人が多いので、上山市でも窓口で独身証明書を申し込むのに抵抗を持つといった人も多くなっていますが婚活サービスにより戸籍謄本とか戸籍抄本で支障ない所も多いです。