敦賀市の得する情報





住所等を正式にチェックする住民票に対し、結婚していないことを公的に証明する物が独身証明書です。独身証明書は、結婚相談などの婚活会社にエントリーする時に独身の証明のために出すように言われることが少なくないです。戸籍謄本と戸籍抄本のように本籍地の市区町村役場にて申請するのですが本籍のある所が遠距離にあるケースでは郵便による手続きも認められています。婚活サービス向けに交付をしてもらう方がほとんどなので、敦賀市でも独身証明書を申請することに気が乗らないといった人も多数いますが結婚業者により戸籍抄本や戸籍謄本で代わりにできるところも多くなっています。

婚姻中の方が離婚をすると敦賀市でも戸籍謄本には離婚した経歴が掲載されます。戸籍より離婚した履歴を抹消したいというような時には、転籍申請して本籍を今の住まいの市町村から別の市区町村に移動することによって離婚の記載を削除することができます。女性は離婚すると親の戸籍に返ることになりますので分籍というようなかたちで別の市区町村に本籍を移す届を提出します。しかしながら、原戸籍とか除籍謄本には離婚したという事実が残りますし、子があるときには子供の戸籍に親の名前は掲載されますので、100パーセント削除する事は出来ないです。