武蔵野市の得する情報





居住地などを正式に調査する物である住民票に対し、ひとり身であることを公的に証明する物が独身証明書になります。独身証明書というものは、結婚仲介などといった仲介業者へ登録するときに婚姻していないことの確認のために指定される事が少なくないです。戸籍抄本や戸籍謄本と同様に本籍地の市町村の窓口にて発行するのですが、本籍のある場所まで距離が離れている場合は郵送申請も認められています。婚活業者のために発行してもらう人が大部分なため武蔵野市でも独身証明書を申込むことに気が乗らないという方もたくさんいますが、婚活業者によって戸籍抄本や戸籍謄本で差し障りない所も多くなっています。

単身赴任で別の住所で生活する時でも、自宅を出ている期間が1年に達しなかったり、一年以上になっても、定期的に帰省していて、生活基盤が元の住まいにある時には武蔵野市でも住民票を移転する必要はなくなります。住民票を移転しないことによって、世帯が別々になってしまって住民税の均等割の部分を余分に負担することもないですし、選挙についても元の住所の選挙区で投票できます。更には、公的証明書が必要になる際にも元の住所地の市町村の役所で取得できますので、家族に取得してもらえるなど、メリットは多くあります。