新宿区の得する情報





新宿区にて婚姻前に共通の家で同棲する際は各自が世帯主であるというかたちで住民票の手続きをすれば大丈夫です。住所が同じでも世帯が二つため、住民票についてもそれぞれです。反対に世帯を共通にする事もOKです。そうしたいときは転居する際に同一の世帯にするように届出していきます。例えば男性の方を世帯主とするときは女性の方は続柄を未婚の妻と同居人のいずれかから決めて届出をします。そのまま婚姻届けを提出して結婚となった場合は、続柄の事柄が消されて妻と換えられます。

配置転換によって離れた土地の配属になった場合は、家庭を持つ人だとしても単身赴任を選択する方は新宿区でもたくさんいます。単身赴任するならば、住民票を移転させるか否か悩み所です。規定では家を出る間が一年にいかないケースや1年以上になっても、生活拠点が元の場所にあり、季節ごとに帰宅している場合には住民票を変更することは不要になります。住民票を移転すると世帯が二つに分かれるため、世帯によって計算される住民税の中の均等割額について余分に払わなければなりません。