西東京市の得する情報





西東京市にて、婚姻前に一つの住所で一緒に住む際には、個別に世帯主といったかたちにて転居の手続きをすればOKです。居住地が一つでも世帯が2つので、住民票についても別々です。逆に世帯を共通にする事もOKになります。そうしたいときは転居のときにいっしょの世帯にするように申請を行っていきます。例として男性の方を世帯主にしていく場合は、女性は続柄を「同居人」か「未婚の妻」から選んで届出をしていきます。将来的に婚姻届をして結婚するときは続柄の所に線が引かれて「妻」となります。

実家から学校に通うことが厳しい時には学生でも実家を出て生活していくことも少なくないです。そうすると、普通は住民票を移動することになりますが、西東京市でも基準が合っているならば住民票を移転することは必要なくなります。自宅を出ているのが1年にいかない場合は住民票を変更しなくても支障ないですし、一年を超えても生活の拠点が自宅であって、週末や季節ごとに自宅に戻っている時は住民票を変更する必要はありません。学生以外にも単身赴任をする会社員等についても、条件に合えば住民票の転居は義務ではないです。