清瀬市の得する情報





住民票に記載される情報というのは住民登録している自治体から引越したり、死亡届を出すことで消去されますが、清瀬市でも住民登録がなくなってからも住民票の除票という形式で五年は閲覧できます。除票は元の住民票データに限らず、引っ越した時には引っ越した日、転居先の住所、死亡した際は死亡した日付けが載ります。除票についても住民票のように請求することが可能です。相続の場合などに死亡した事実や住所の軌跡を調べる物として使用される事が多くなっています。

清瀬市でも住民票というのは自分以外の方だとしても基準が合えば発行してもらうことができます。自分がお任せした代理人であるなら委任状を記入すれば発行してもらえますが、他にも、まっとうな事情があるのであれば交付してもらうことができます。例えば、貸主が借主からお金を回収する使用目的で住民票の写しを交付をしてもらいたい場合で借り主がいなくなったなど、委任状を用意する事が困難な時も申請ができるようになっています。相続の手続きとか公共機関に提出する必要がある場合も申請ができるようになっています。