千歳烏山の得する情報





転勤で遠距離にある土地の勤務になった場合家庭を持っている人でも単身赴任に決める人は千歳烏山でも多いです。単身赴任の場合は、住民票を移動するか悩むところでしょう。家を出ているのが一年に満たない場合や一年以上であっても、生活の拠点が元の住まいであって、周期的に戻っているときは住民票を移すことは不要になります。住民票を移転するとなると世帯が二つに分かれてしまうため、世帯ごとに課税対象となる住民税のうちの均等割の部分について余分に負担することになります。

戸籍抄本と戸籍謄本という物は、本籍地の市町村の役所でしか取得できないため本籍のある場所が遠くである場合では窓口にて手続きすることができない人というのも少なくないです。千歳烏山でも、そのような人を対象に戸籍抄本と戸籍謄本を郵送で申請することも出来るようになっています。まず戸籍証明書等請求書を市町村のサイトからダウンロードして印刷して記入捺印します。次に手数料相当の定額小為替を郵便局で買って、切手を貼り付けした返信封筒とパスポートとか運転免許証や健康保険証などというような本人確認の書類のコピーとともに郵便で送付すると戸籍謄本や戸籍抄本を返信用封筒に封入して送付してくれます。