千代田区の得する情報





婚姻して離婚すると千代田区でも戸籍には離婚した事実が掲載されます。戸籍より離婚した履歴を抹消してしまいたいというようなときは、転籍の手続きをして本籍を現在の住まいの市区町村から違う自治体に移すことによって離婚の記述を消し去ることが可能です。女性の場合は離婚した後には親の戸籍に戻されますので分籍の形でほかの市町村に戸籍を移動する申請をします。しかし、改製原戸籍とか除籍謄本には離婚した遍歴は残存しますし、子供がある場合には子供の戸籍に親の名は掲載されるので全部取り除くといった事は不可能です。

転勤等によって居住地が移動になるときは千代田区でも住民票についての変更手続きが必要です。今の所在地といっしょの市区町村の移転の時は移転の後2週間以内の間に転居届を提出すれは完了です。ほかの市区町村に移転するケースは届けを出して転出証明書をもらって、転居先の役所に前の役所で受領した転出証明書と共に転入届を提出するのが手順になります。こちらも移動した後の2週間以内にしなければなりません。転出届については次の住所が確定していれば引越しする前に届けることが可能ですので、早い時期に終えてしまうのがおすすめになります。