大田区の得する情報





住民票は暮らしている市町村の役所の窓口に行って請求できますが、戸籍抄本と戸籍謄本については、本籍地の市区町村の役所しか取得できません。大田区でも本来は自らが本籍地の市区町村役場の窓口で請求することになるのですが、今居住している場所と本籍のある所に距離があって窓口に足を運んで申請することが簡単でない方のため、委任された当事者以外の方による申し込みと郵便での申し込みについてもOKになっています。どちらのやり方でもパスポートや運転免許などの本人確認できる書類が必要になります。更には、本来であれば窓口に用意されている申請書へ記載して申請手続きするのですが、郵便で行うときは戸籍申請書をネットからダウンロードして記入します。

転勤等で所在地が移転する時には大田区でも住民票の変更申請をすることになります。今の住所と一緒の市区町村の移転の時では、引っ越しした後の14日内で転居届をすれば完了です。離れた市町村に引っ越す際は、転出届を提出して転出証明書を受け取って、新たな住所の役場に元の役所で受け取った転出証明書といっしょに転入届を出します。こちらも転居の後14日内の間に行わなくてはなません。転出届は引っ越し先の住所があれば引っ越し前にできるので早い時期に手続きしておくのがおすすめになります。