昭島市の得する情報





原則的には住民票の写しは現在の住居の市町村の役所のみで発行するものですが、その他の市区町村の役所でも広域交付住民票は交付してもらえます。住民票との違いは、本籍と該当の市町村の中での引っ越しの変遷が記載されていないことになります。住民票の写しの代わりに利用しようとする場合にはこの点を証明書を出す会社や学校側にチェックすることが大切です。ほかの住所と出生日等の内容は載りますので住所や誕生日をチェックすることには使用できます。ただし、昭島市でも広域交付住民票は除票については請求できません。

家族からの虐待に苦慮していたり、ストーカーの被害にあっていて住まいを漏らしたくないときは、昭島市でも被害を受けた方を保護するために戸籍謄本などの取得を規制することが可能です。まず、警察署に相談して、閲覧制限するための文書を出してもらって、その文書を役所に提出することで相手の請求を規制してもらうことができます。また請求の際の本人確認が厳重になり他の第三者や郵便で交付することも認められなくなります。