江戸川区の得する情報





実家から距離があって学校に通うことができない場合には学生だったとしても親元から独立して生活する事も多々あります。そういった場合、原則では住民票を変更することになりますが、江戸川区でも条件を満たすならば住民票を移転することは不要になります。家を出ている日数が一年を下回る場合は住民票を移動しなくてもOKですし、一年以上でも生活基盤が元の場所にあり、周期的に実家に帰郷しているケースでは住民票を変更することは必要なくなります。学生のほかに単身赴任をする会社員などについても、こうした規定に合致していれば住民票を移すことは必須ではないです。

江戸川区でも戸籍謄本や住民票の申込みを他の代理人に依頼するときは委任状が要ります。委任状の作り方としては、まず自身の名前と住所と生年月日を明記して、判を押します。自身の名前、住所地については確実に自分で署名します。そのうえで「住民票の写しの手続き」など依頼する用事と任せる人物の名前と居住地、生年月日を明記します。住民票の手続きなら使う目的も記載します。委任状は3カ月内と区切られているのできちんと文書を書いた日付を明記することがポイントです。