足立区の得する情報





足立区でも会社や学校によっては住民票の代わりとして住民票記載事項証明書を提出するように言われることも珍しくありません。住民票記載事項証明書とは住民票の記載項目の中で本籍についての内容などを省略して証明される書類になります。ほとんどの事例では、証明書を必要とする学校や会社側が定型書類を作成して本人が各項目を記入した物を市区町村役場に届け入れて、その事柄について正確性をお墨付きをもらうといった形式です。過剰に個人データを収集してリスクを扱いたくないという学校や企業が住民票の代用として選んでいます。

転居等にて住まいが移転する際は足立区でも住民票についての申請を行います。現在といっしょの市町村の移転の際では引っ越しした後の2週間内のあいだに転居届をすればおしまいです。外の市町村に転居する際は、転出の届けをして転出証明書を出してもらって引っ越し先の役場へ前の役所で受領した転出証明書と共に転入届を提出します。この場合も引越しした後の2週間以内にする必要があります。転出届については新居の住所が決まれば前もって提出できるので早いうちに手続きしておく事を意識しましょう。