日野市の得する情報





住民票というのは今住んでいる自治体の窓口にて請求できますが戸籍抄本とか戸籍謄本は戸籍のデータがある本籍の市区町村の窓口にて申請することが必要になります。日野市でも本籍は生まれた市区町村といった人が多くなっていますが、転居などの際に親が変えている事もよくあるので確認しておきましょう。今の所在地と本籍が違っている事も少なくありませんし、本籍のある場所が遠くにあるケースでは戸籍謄本とか戸籍抄本の申請も重労働です。本籍地は、転籍届を提出したり、結婚等で戸籍を新たに作成するときに自ら決められます。

日野市でも住民票は他の人であっても規定をクリアしているならば交付してもらうことが可能です。当人が依頼する代理人の場合は委任状を準備することで交付してもらえますが、ほかにも、適性なわけがあるなら交付をしてもらうことが可能です。例えば債権者が借り手から借入金を返してもらう使途で住民票の写しを交付をしてもらいたいケースで借り手の居場所が不明などで委任状を作成することが不可能な時も請求ができるようになっています。相続や国や地方公共団体の機関に出す必要がある場合も取得が認められています。