豊島区の得する情報





近頃は賃貸マンションなどを一緒に借り受けてルームシェアをする人が豊島区でも多いです。ルームシェアをする際には住民票はどうするのでしょうか。ひとつの住所であっても、住んでいるそれぞれが世帯主であるといった形式で手続きしていけばそれぞれの世帯になって住民票も個別になります。すなわち、一緒の居住地の中に二つ以上の世帯が住んでいる状態と扱います。2世帯住宅等についても一緒の形態です。さらに、ルームシェアをしている他人と世帯をいっしょにしてしまうという事も可能で、そうしたいときは誰かが世帯主になって、その他の人については「同居人」と記載して申請をしていきます。

戸籍謄本と戸籍抄本の内、戸籍謄本は戸籍に入っているすべての人についての事柄が載っている書類であり全部事項証明とも言われます。戸籍抄本というのは個人の内容のみを記載した文書で個人事項証明書とも言われています。パスポートを取る届けなどの際は、豊島区でもどちらを添付しても問題ないですが、自分の親族が亡くなって死亡届けをだす場合とか相続に関連した手続きには戸籍謄本が求められます。名前は瓜二つですが一緒ではないので、書類を求めている先へいずれが必要かについて把握しておいてください。