高崎市の得する情報





単身赴任のため家族が異なる住所で生活をするケースでも、自宅を離れている期間が1年に満たなかったり、1年以上でも、週末や季節ごとに帰っている等、生活の拠点が元の家にあるときは高崎市でも住民票を移動することは必要なくなります。住民票を移動させないことによって、世帯が二つに分離されて住民税の内の均等割分を多目に課せられることもなくなりますし、選挙も元の家の選挙区で投票することができます。そして公の証明書が必要になった時にも元の住所地の自治体の役所窓口にて取得できますので、代わりに家族に交付してもらうことができるなど、メリットが多くなっています。

住民票を発行してもらう手段として一番定番なのが地元の市区町村役場に出向いて取得する方法です。高崎市でも本人確認書類を揃えて申請用紙に記入して提出すると発行されます。本人確認書類はマイナンバーの個人番号カードや運転免許証等というような写真の有る書類なら一つで済むのですが、健康保険証や年金手帳などは2枚持参することを要求されます。マイナンバーカードがあればコンビニでも住民票を交付できる市区町村もありシステムも整備されてきています。