伊勢崎市の得する情報





伊勢崎市にて、婚姻届けを出す前に共通の住所で同棲をする際は、一人一人が世帯主というようなかたちで引越し手続きをすれば大丈夫です。居住地が一緒でも世帯が個々にあるので住民票もそれぞれになります。一方世帯を共通にする事もOKです。そうしたいときは転居する際に同一の世帯にするように申請をします。たとえば男性の方を世帯主にしていく際は女性の方は続柄を同居人または未婚の妻から決定して届出を行っていきます。何年かして婚姻届けを出して結婚に発展した時は、続柄のところに二重線を引いて「妻」と書き改められます。

伊勢崎市でも住民票というのは当事者以外の方であっても要件を満たしていれば発行してもらうことができます。本人がお任せした人ならば委任状を準備することで発行してもらえますが、ほかにも、きちんとした理由があるのならば取得することができます。例えば債権者が借主から借金を返してもらう理由で住民票の写しを申請したい場合で借り手が行方不明等で委任状を作成する事がむずかしい場合も発行ができるようになっています。相続の手続きや公共の機関に提出する必要があるケースについても取得ができるようになっています。