徳島県の得する情報

徳島県にて、結婚前にひとつの住所で同居する場合には、個別に世帯主であるといったかたちにて転居手続きをすればOKです。居住地が一つであっても世帯が別々にあるため住民票についても個別になります。それとは逆に世帯をひとつにする事も可能です。そのような場合は引っ越しの際に一つの世帯にまとめるように届け出を行っていきます。例として男性の方を世帯主とするケースでは、女性の続柄を同居人または未婚の妻から選んで届け出をします。将来的に婚姻届けで結婚となった時は、続柄の項目に二重線が引かれて妻と書き改められます。

徳島県でも企業や学校によっては住民票の代わりに住民票記載事項証明書を出すように言われることも珍しくありません。住民票記載事項証明書とは通常の住民票の記載事項から、世帯主や本籍についての情報などを略して証明される文書です。良くある場合、提出する企業や学校がオリジナルの書類を準備して本人が項目を記入した物を市町村役場に依頼して、各事柄が合っていることを調査してもらう形態になります。不必要に個人データを受領して管理したくないといった会社や学校側が住民票の代わりに採用しています。