山形県の得する情報





結婚して離婚をすると山形県でも戸籍に離婚した遍歴が掲載されることになります。戸籍より離婚した履歴を抹消してしまいたいというような時には転籍手続きして本籍を現在の住所の市区町村から他の市区町村に移す事によって離婚の記述を消すことが可能です。女性については離婚した後には親の戸籍に戻ることになっていますので、分籍といった形でほかの市区町村に本籍を移動する申請を出します。ただ原戸籍と除籍謄本には離婚した履歴が記録されていますし、子供がある時には子供の戸籍に親の名は掲載されるので完璧に消してしまうといったことは出来ません。

引越し等によって住所を変更する場合には山形県でも住民票の変更申請を行います。今の所在地と同一の市町村での移動の場合は、転居後の2週間内で転居届を提出すれは大丈夫です。別の市区町村に引越しするケースは、転出の届けをして転出証明書を発行してもらって次の住所の役場に元の役所で受け取った転出証明書を付けて転入届を出します。こちらも転居の後14日以内の間にしなければなりません。転出届は引越し先の住所が確定すれば移転する前にすることができるので、早い内に完了しておくことを意識しましょう。