台東区の得する情報





住民票というのは現在生活している市町村の役所の窓口で請求できますが、戸籍抄本とか戸籍謄本は戸籍が保管されている本籍地の自治体の役所で取得しなければなりません。台東区でも本籍地は出生した町というような人が多いのですが、引っ越しなどをきっかけに親が変えているケースもありますのでチェックしておくことが大事になります。現在の住居と本籍が異なっていることも多いですし、本籍のある場所が遠距離にある場合は戸籍謄本と戸籍抄本の取得も手間になります。本籍というのは転籍届で申請をしたり、結婚などにて戸籍を新規に作るときに自分で変えられます。

台東区でも企業や学校によっては住民票の代替として住民票記載事項証明書を出すように言われることも少なくありません。住民票記載事項証明書とは普通の住民票の表示内容から、本籍や世帯主の情報等を省いて証明する物になります。ほとんどの場合、証明を必要とする学校や企業側が定型文書を用意して該当者が内容を記入を行った物を市区町村役場に持って行って、それらの事項について正確性を認定してもらうという形です。必要のない個人データを受け取って管理したくないというような学校や企業が住民票の代替として使用しています。