武蔵村山市の得する情報





住民票に載る情報というのは住民登録されている市町村から引越したり、死亡届を出す事によって消去されますが、武蔵村山市でも住民としての登録が消されてからも住民票の除票という形式で5年間は閲覧できます。住民票の除票は前の住民票データのほかにも、転出した場合は転出した日付や引越し先の住所、亡くなったときには亡くなった年月日が追加されます。除票も住民票と同様に交付をしてもらうことができます。相続の場合などに死亡とか所在地の変遷を調査するものとして使用される事が多くなっています。

戸籍謄本と戸籍抄本の内、戸籍謄本は戸籍中の全ての方の事項が記載されている証明書であり全部事項証明とも呼ばれます。戸籍抄本というのは個々の人物の内容のみを掲載した文書であり個人事項証明とも呼ばれています。パスポートを取る届等の際は武蔵村山市でもいずれを添付してもOKになりますが、親族が亡くなって死亡届をだす時や相続に関連した書類では戸籍謄本が必要です。名称が似通っていますが異なっていますので、証明書を求める先にどちらが要るのかについて調べておくのがポイントです。