多摩市の得する情報





配偶者や家族からのDVに苦しんでいたり、ストーカー被害を受けていて居場所を知られたくないときには、多摩市でも被害を受けた人を保護のために戸籍の附票の写し等の請求を制限できます。まず警察署に問い合わせて、規制するための文書を受領して、その書類を役所の窓口に提出すれば加害者への交付を制限してもらうことができます。そして請求する時の本人確認が厳重になって、当人以外の人物や郵便で申請することも不可能になります。

多摩市でも企業や学校によりけりですが住民票に代わって住民票記載事項証明書を出すように求められることも少なくありません。住民票記載事項証明書とは元々の住民票の記載内容の内、世帯主や本籍についての内容等をカットして作る書類です。多くの事例では、要求先の学校や会社がオリジナルの書類を作っていて該当者が記入したものを市町村役場に届けて、それらの内容について正確性を調査してもらうという形式です。過剰に個人データを集めてリスクを扱いたくないという企業や学校側が住民票に代わって活用するようになってきています。